経営理念・代表挨拶

経営理念

  • 1 感動を与える

    人の予測を上回る成果を常に追求し、人から心からの高い満足度を提供する。
    お客様の感動は会社の目指す方向性、感動の先には何でも可能な世界、
    可能性に充ち溢れた世界を創り出す。
    感動 → KANDO → CAN DO → We can do it →
    何でも可能な、パワーに充ち溢れた世界の創造

  • 2 不屈の精神を持つ

    打つ手は無限であり、
    どんな困難が立ちはだかっても積極的に立ち向い、自己の成長に努める。
    そして、自らの言葉を尊び、何事においても可能性の追求をする。

  • 3 永縁企業となる

    ご縁があったお客様に永遠に頼りにされる企業であり続けなければならない。
    ご縁が永遠に続き、人や街や社会全体に貢献するために、
    永縁企業としてあり続ける。

ミッション

お客様に必要とされ、必要とされるために日々成長を続け、建築を通して社会に貢献する

企業が存続できるかどうか、そして存続の意義があるかどうかは、社会、お客様に必要とされているか否かである。
日々変化している社会、環境、人との関わりの中で、社員一人一人が、お客様に必要とされ、頼りにされるために、日々成長すること、成長することを妨げないこと、そして成長する行動を実践することが、すなわち企業の存続に継がっていく。

自分を知り、自分を信じ、目の前の物に本物として向き合い、自分を奮い立たせる。社員一人一人が必要とされる会社は永遠に存続し、永遠に、社会、家族、そして何より自分に貢献することが我々小倉建設株式会社の使命である。

代表挨拶

木造住宅建築からスタートした当社は、多くの方々とのご縁と多くのチャンスをいただき、現在、商業建築、公共建築、リフォーム、不動産など様々な事業を展開させていただいております。

これからも地域の皆様に喜んでいただくために、「ただ建物をつくるだけではなくそこで生活する人たちの笑顔と幸せ、そして将来に渡って安心をつくることが私達の使命」だと考えています。

私たち小倉建設は地域に密着した建設会社として長年にわたり、永遠に地域の人に愛され、育てられる会社を目指しています。
私たちは受注金額や棟数を競うような会社ではありません。私たちが競うのはお客様に感動していただけることです。

そのために、品質・コスト・設計・施工などのハード面、サービス・対応などのソフト面、それら両面においてお客様の目線に立って、お客様の「夢」や「想い」を具体的な形にしていきます。

創業時からお客様に喜んでいただいている「誠実さ」をこれからも持ち、お客様のお手伝いをし、建築を通して人と地域の「つながりを創り続ける会社」を目指していきます。

代表取締役社長小倉 宏庸